井手剛の研究紹介

井手剛の公式ページです。

井手 剛, 博士(理学)[Curriculum Vitae]

IBM Thomas J. Watson Research Center,
Senior Technical Staff Member,
Member, IBM Academy of Technology

Business address: 1101 Kitchawan Rd, Yorktown Heights, NY 10598, USA [map]

E-mail: 

Current Research

機械学習の応用研究を中心に、人工知能およびデータマイニングの研究を行っています。これまでの私の研究テーマとしてはたとえばこのようなものがあります。

  • 質問表データの解析(ICDM 15、IM 15など)
  • トラジェクトリ解析とその応用(SDM 09、AAAI 11、ICPR 12、NIPS 13など)
  • 多次元時系列の相関異常の検出(KDD 04, ICDM 05、ICDM 07、SDM 09、ICDM 16 など)
  • 変化点検出(SDM 05、SDM 07、IJCAI 16 など)
  • 時系列クラスタリング(PKDD 06 など)

私の論文リストはこちらです。また、こちらに現在関与しているプロジェクトの紹介を書いておきます。

これらの幅広い応用研究に加えて、2010年以降は日本および米国でプロジェクト管理および人材管理の業務にも多く従事してきました。2013年まではIBM東京基礎研究所の数理科学担当マネジャー、同年からは2014年まで米国IBM T. J. Watson Research Center(IBM T. J. ワトソン研究所)のサービス工学部門のマネジャーを務めました。現在は同Centerにて、Senior Technical Staff Member という技術面および戦略面でのリーダーシップを担うロールについています。

Education

北海道千歳市出身です。機械工学と物理学という二つの領域で専門教育を受けました。1990年に国立苫小牧工業高等専門学校機械工学科を卒業し、東北大学工学部機械工学科(当時)に編入学しました。当時の制度では、編入生は1年間教養部の単位だけを取得せねばならなかったので、1991年になって同機械工学科のクラスに配属され、1993年に東北大学工学部機械工学科を卒業しました。卒業研究は、ボルツマン方程式のモンテカルロ解法に関するものでした(これ)。

1993年に、東北大学工学研究科・機械工学科に進学しましたが、理論物理にあこがれて中退、1995年に東京大学大学院・理学系研究科物理学専攻に入学しました。当時は六本木にあった物性研究所にて、小谷章雄教授(当時)のご指導の下、1997年に修士号、2000年に博士号を取得しました。

  • 学位論文題目: “Theoretical Study on Nonlocal Effects in Resonant X-Ray Emission Spectra of Strongly-Correlated Systems”(強相関電子系の共鳴X線発光スペクトルにおける非局所効果の研究)
  • 指導教官: 小谷章雄 教授

Employment

  • Today-07/12/2016: IBM Thomas J. Watson Research Center (Full-time regular employment, 40 hours/week)
    • Senior Technical Staff Member
  •  07/11/2016-09/04/2013: IBM Thomas J. Watson Research Center (full-time, 40 hours/week, on international assignment from IBM Japan)
    • Senior Technical Staff Member (09/2014-07/2016).
    • Manager, Service Delivery & Risk Analytics (09/2013-09/2014).
  • 09/03/2013-04/01/2000: IBM Research – Tokyo (full-time, 38 hours/week).
    • Manager, Analytics & Optimization (09/2010-09/2013).
    • Senior Researcher (2010-2013)
    • Advisory Researcher (2008-2010)
    • Staff Researcher (2005-2008)
    • Researcher (2000-2005)

Honors and Awards (~2013)

Academic Service (~2013)

Steering Committee Member

Program Chair

  • 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS 2009

Program Committee Member

Journal Editor

  • Editorial board member, ISRN Artificial Intelligence
  • Guest Editorial Manager, Special Issues on Information-Based Induction Sciences and Machine Learning, IEICE Transactions on Information and Systems ,2010[CFP].
  • 編集委員, 人工知能学会論文誌, 2010-
  • Guest Associate Editor, Special Section on Data Mining and Statistical Science, IEICE Transactions on Information and Systems, 2009.

Other

Links